窓ゴムパッキンの黒カビ!

窓のゴムパッキン部分は綺麗にしていますか?

冬場は結露により、窓サッシに湿気が溜まり”黒カビ”が発生しやすくなります。
黒カビを放置したままにしておくと、体にも害を与えるので、しっかり除去しておくことが大事です。

★これがあると便利
1.中性洗剤 ※キッチンや食器用洗剤を薄めても使用できます。
2.カビキラー
3.消毒用エタノール
上記3点があれば、黒カビを綺麗に除去する事が可能です(^^)

まず中性洗剤を使用し、ゴムパッキンにふりかけます。
このまま5分~10分放置します。
放置後、濡らした雑巾で綺麗に拭き取ります。
この作業で表面に付着した汚れを取ることが出来ます。

次にカビキラーを使用し、カビを除去します。
液垂れを防止する為に、濡らして絞ったキッチンペーパーを使用します。
キッチンペーパーをゴムパッキンへ貼付け、その上からカビキラーをふりかけます。
15分~20分放置し、拭き取ります。
この時、汚れ具合により落ちてない箇所もありますので、
その部分は再度カビキラーの工程を再度行います。

この工程の後、エタノールを使用し、消毒+カビの発生を予防しましょう!
効果的な★80%の消毒用エタノールをオススメします★
無水エタノールの場合、エタノール:水 8:2の割合で薄めます。

エタノールは揮発性が高いので拭き取らずそのままで大丈夫です(^^)

フレカジはLINEでの問い合わせやご予約が便利です♪

@717sojtz @を含み検索

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です